五齢(ごれい)- 蚕の一生



蚕の一生 : 五齢(ごれい)

五齢1

五齢1(ごれい)



【五齢:生まれてから21日目のカイコ】
蚕は成長していく段階で大きさに個体差が出来てしまいます、繭の品質を高めるために成長に応じてグループを作り管理する事もあります、この動画はその様子をおさめています。順番は成長の一番早い『花蚕(はなこ)』『一番蚕(いちばんこ)』『二番蚕(にばんこ)』『三番蚕(さんばんこ)』『四番蚕(よんばんこ)』『五番蚕(ごばんこ)』そして一番成長が遅く体長もバラバラな『尻蚕(しりこ)』の7グループです。

五齢2

五齢2(ごれい)



【五齢:生まれてから22日目のカイコ】
五齢の蚕は食欲旺盛で一生の食事の80%を約一週間で食べてしまいます、繭を作るための材料を体の中に蓄えていくためどんどん体が大きくなって行きます、体長は8センチほどになり体重は毛蚕の1万倍の重さになっています。