羽化(うか)〜産卵(さんらん)- 蚕の一生



蚕の一生 : 羽化(うか)

羽化

羽化(うか)



【羽化:さなぎ 〜 まゆの外へ】
さなぎになってから約10日で羽化します、さなぎの殻がやぶれ頭から成虫が現れます、やがて成虫の口から透明な液体が出て来ますがこれは「酵素」で繭の糸同士をくっつけている物質を溶かす作用があります、繭から出て来るときは糸を切って出て来るのではなく繭が「酵素」で緩んだ所を頭で押し広げて外に出ます、またこの時に2度目の排泄をします。

交尾 〜 産卵

交尾 〜 産卵(こうび 〜 さんらん)



【交尾 〜 産卵】
メスは動かないでお尻にある側胞・性誘引腺からフェロモンを出しオスに自分の居場所を教えます、オスは櫛形になっている触覚でフェロモンを感知し羽ばたきながらメスに近づき交尾します。メスは交尾が終わり数時間で卵を産み始めますが、規則正しく産卵するのではなく、たえず体を移動し産卵管で卵を産めるスペースを確認しながら約500粒の卵を産みます。