蚕の一生トップページ



蚕の一生

蚕(幼虫)

蚕(幼虫)



養蚕は5000年の歴史を持ち、人の管理なしで蚕は生育が出来ないようになりました、原種となった野生の桑蚕(野蚕)とは違い野生回帰能力を完全に失った唯一の家畜化動物としても知られ、数え方は家畜と同じように1頭2頭と数えます。また愛玩用以外の昆虫としてミツバチと共に貴重な存在になっています。

蚕(成虫)

蚕(成虫)



蚕の成虫は口が退化しているので何も食べる事ができません、体型はオスよりメスの方が大きく触覚は蝶とは違い櫛形の大きな物をもっています、オスはこの触覚でメスの出すフェロモンを感知し交尾にいたります。また、羽根がありますが飛ぶ事は出来ません。

桑畑

桑畑



蚕の食べる桑は成長が早く実は果実酒やジャム(マルベリー)にも利用されています、また葉は血糖値の上昇を抑制したりコレステロールを低下させる作用があるといわれ「桑茶」にして広く飲まれています。桑の葉は他の植物とは違いタンパク質の含有量が非常に多く牛や鶏の飼料として使われる事もあります。