庄村米穀店
トップひとこと穀物・堅果図鑑そば雑穀販売伝承もち山の幸 とっておき

 

 

古い栽培の歴史を持ちながら経済作物として認知されなくなり、
統計調査の対象からも除外されたのがアワ・キビ・ヒエなど。

瑞穂の国と呼ばれた日本ですが、実際に山間地の食を支えたのは
これらの雑穀で、奥美濃地方では昭和30年代まで、栃の実と共に
大切な糧食(カテ食:増量食材)として多く利用されてきました。

食生活の中からまもなく消える影の主役「雑穀・栃の実」を、
せめて最後に表舞台へと考え、自らも畑を耕し
在来種子と食文化の継承に取り組んでいます。

 

当店では雑穀を自然食・健康食ではなく、生命を継いた伝統食材と考えています。

 

 
 


在来雑穀と雑穀食文化の継承のため、価格を改訂させていただきました。

 地域のタカラモノである在来品種を次世代に伝えるためには、生産者・精白業者・販売者・消費者のサイクルを、それぞれの地域で円滑に回転させることが大切です。

 雑穀ブームの渦中にあっても、当店は輸入品を扱う予定はなく、当店で栽培したもの・地元および近県で契約したものだけを提供しています。

大きな商売は目指さず、今まで通り地道に、受け継がれてきた品種と精白方法・口承等を次の世代に伝えたいと思っていますが、現実は問題山積です。

 すべてが機械化されたコメと異なり、雑穀類はほとんどが手作業の積み重ねです。
私自身も平成10年より栽培の実践を行っていますが、労働対価の悪い仕事であることを実感しています。

 精白の依頼先も激減しています。

雑穀本来の美味しさを引き出すためには、精米機ではなく精麦機が必要ですが、飼料業界で使用するウン千万のものや、雑穀立県をすすめる生産地のウン億円もする設備と異なり、私達が必要とする設備は昭和20年代に作られたものです。

一年のうちで2週間ほど使うため、年間を通じて200ボルトの動力用電源を契約する必要があり、精白加工代では年間の電気代も充当できないと言う理由で、地元でも2軒が世代交代を機会に廃業・設備廃業となりました。

 たかが雑穀と思われる方もあろうかと存じますが、まっとうな品種と文化をできる限り永く伝えるために必要な価格改定とご了承ください。

安価な商品をご希望の方はそれに対応した検索のHPが存在します。

2006.1.20改正

 

■ 田舎穀屋のひとりごと ■


粟倉まつりのこと

 平成10年から続けてきた雑穀栽培、一時は1000坪の畑を借りて在来種を育ててきましたが、無理な姿勢での作業がたたり、今は僅かな耕作面積。
ほとんど家庭菜園の状態です。
とは言え、真夏は朝5時から、春秋は6時頃から8時頃までほぼ毎日、店の開店時間前に畑へ出かけています。せめて日曜はゆっくり・・・とはいかず、午後はまたまた畑作業。いやはや。

 販売用の雑穀作りは無理ですが、止めることができないのは在来種のタネ継ぎと、小さな集落の伝統行事に使うためのアワ栽培。
国・県・市、いずれからも文化財の指定はないものの、江戸時代から郡上一円の信仰を集めた薬師如来にかかわる祭事でアワは不可欠な材料です。

 もともと私とは地縁血縁のない集落ですが、雑穀がらみでこの行事を知ることとなったのが10年ほど前。この行事を一年でも長く継承していただくため、御供えとして無償提供しているものです。


この祭事に興味シンシンの方(モノズキの方)は、インターネット検索「戒仏薬師」「戒仏薬師の粟倉様」で動画と地域誌記事が見られます。
また、粟倉の地名は日本各地に点在するようですが、皆様の地元で粟倉に関わる由来や行事等がありましたらぜひ教示ください。


今までのひとりごと 2/1/



トップひとこと穀物・堅果図鑑そば雑穀販売伝承もち山の幸 とっておき
庄村米穀店